》移動履歴:オモドックTopデザインスクール >各25回講座の詳細
完全自由予約制・マンツーマン制

オモドック・デザインスクール

3dsMax各25回講座の詳細内容

空白

3dsMax[A]25回講座の詳細内容

CGパース画像04
パース図制作に強い3DCGソフト・3ds Maxを学んでもらいます。まず簡単なファンタジー系CGイラスト制作で基本操作を学びます。次に一戸建てのモデリングと外観パース制作、室内のモデリングとインテリアパース制作、物理的に正しいライトと間接光によるフォトリアルなパース制作を行います。さらにエクステリア制作では空、雲、地面、道路、花壇、樹木を制作し、最後に道路から玄関を入って室内を一覧する40秒のウォークスルーアニメを制作します。現在3dsMaxは「3dsMax」と「3dsMax Design」の2系統の製品がありますが、2つの違いを含めて前半で「標準機能」の「3dsMax」を学び、後半では「拡張機能」の「3dsMax Design」を学んでいきます。またレンダリングは「mentalray」のファイナルギャザーを多用したフォトメトリックな画像制作を行ないます。最後の課題作品では「マンションの外観パース」を作ります。
生徒の静止画像作品
空白

3dsMax[B]25回講座の詳細内容

CGパース画像05
3dsMax[B]25回講座では[A]講座で学んだ「ポリゴンの基礎」の応用編として、「キャラクターモデリングの基礎と応用」「キャラクターアニメの基礎と応用」を学びます。最初に簡単なデフォルメキャクター制作を通して「人物モデリングの基礎」とBiped(キャラクタースタジオ)を使った「人物アニの基礎」を学びます。続いてNURMSを駆使した「人物モデリングの応用」として「リアル系女性キャラクター」を作ります(顔の輪郭・目・鼻・口・表情・テクスチャー画像制作・お化粧・髪の毛・身体・5本指・ハイヒール・ワンピースなどの制作)。さらに「人物アニメの応用」として新しい「CAT」IKシステムの理論を学んで「手足のポージング・人物の歩行アニメ」を制作し、「モーファー」を学んで「目を閉じる」「口を開ける」などの「フェーシャルアニメ」を作成します。また「パーティクルによる花火」と「布地モディファイアによるカーテンの動き」も作成します。作成した動画クリップは最後に「Windowsムービーメーカー」で連結して一本のミニ映画にします。そして最後に人物のアニメのオリジナル作品を制作します。
空白

3dsMax[V]25回講座の詳細内容

CGパース画像05
3dsMax[A]講座修了者、または同等のスキルをもつ中級者向け講座です。3dsMax[A]講座では主にモデリングを学びましたが、3dsMax[B]講座では主にシェーディング(写真に近い影付け機能)について学びます。その時使う「プラグイン(拡張ソフト)」が「V-Ray」です。これは「mental ray」より写真に近いフォトメトリックな画像が作れると評判のソフトです。最初にV-Rayの基礎を学び、VRayMtl(マテリアル)、VRayLight・VRayIES(ライト)、VRayPhysicalCamera(カメラ)、Irrandiance map・BruteForce(間接光)について学びながら、「高層ビルのパース」は「リビングルーム」のフォトリアルパースを作成します。さらに応用編として3ds Max[A]講座では触れなかったVRayEnviromentFog(ボリュームライト)、V-Ray::Coustics(コースティクス)、HDR背景画像によるイメージベースドライティング(VRayHDRI)などを学び、パースに役立つ動画(噴水花火カーテン)制作も行います。また最後に学校の課題ではなく、オリジナル作品として①ビルの外観パース、②住宅の外観パース、③室内インテリアパース、④自由課題の中から1つ選択して制作します。