》移動履歴:オモドックTopPython-ITスクール >Pythonスクール
完全自由予約制・マンツーマン制

Pythonスクール

Pythonデータ分析+AI+IoT+ブロックチェーン

[使用OS:Windows7]

pythonスクール教室
完全通学制のオモドックPythonスクールは、マニュアル本による独学やオンライン学習では不安という人のために、担任インストラクターがマンツーマン制でPython言語・データ分析・機械学習・人工知能・深層学習・ディープラーニング・ブロックチェーンをお教えしています。教室はJR山手線新大久保駅徒歩1分、通学は月曜-土曜、完全自由予約制です。
  1. 初心者向けPython25回講座
    とりあえずPython言語を学んでみたい方向け。
  2. Pythonデータ分析35回セット
    Pythonと従来型「データ分析」「ビッグデータ解析」を学びたい方向け。
  3. Pythonデータ分析+AI人工知能50回セット
    データ分析と人工知能の両方を学びたい方向け。
  4. データサイエンス75回セット
    最新のAI技術Keras転移学習からビットコインまですべてを学びたい方向け。
  5. Pythonブロックチェーン40回セット
    Pythonでビットコイン・仮想通貨を開発したい方向け。
  6. Python-IoT30回セット
    PythonとIoTの重心技術RaspberryPiを学びたい方向け。
  7. Python+Rデータ分析35回セット
    Pythonと研究者向けのR言語を学びたい方向け。
  8. Scratch講師養成講座40回セット
    最初にPythonでプログラミングの楽しさを学び、Scratch講師を目指します。
25回講座を修了後に延長用差分講座を追加受講することも可能ですが、すべての「セット」コースは割引価格です。

《対象:言語Python若葉初心者向けPythonのみを学ぶ講座》

初心者向けPython25回講座(1回2時間、計50時間)

受講費用
178,000円(入学金+授業料+教材費すべて含む)
受講期間
標準:週2回で3ヶ月(最短:週8回で3週間、最長:週1回で6ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
Pythonプログラマー、SEプログラマー
講座の内容
Perl7回、JavaScript3回、Python基礎+応用15回
作品1

飾り1講座の概要
Pythonは「手続き型」と「オブジェクト指向型」のハイブリッド言語です。1つ目の予習言語Perlで「手続き型の基礎用語」を学び、次に2つ目の予習言語JavaScriptで「オブジェクト指向型の基礎用語」を学んでから「Python」に進みます。「Pythonの基礎」では最初に「リファレンス(文法)練習」を行ってから長文の「MVCアプリ開発」「デスクトップアプリ開発」へと進み、Pythonプログラマーとしての総合力・応用力を身につけます。また卒業と同時に下記セット内の「延長用:Pythonデータ分析10回講座」「延長用:IoT-RaspberryPi5回講座」「延長用:ブロックチェーン15回講座」「延長用:Rデータ分析10回講座」を追加受講することも可能です。

《対象:言語Python若葉初心者向けPython+データサイエンス講座》

Pythonデータ分析35回セット(1回2時間、計70時間)

受講費用
238,000円(正規料金より4千円割引
受講期間
標準:週2回で4ヶ月(最短:週8回で1ヶ月、最長:週1回で9ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
データサイエンティスト、データマイニング、ビッグデータ解析
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
│Python10回(NumPy,Pandas,Scikit-learn)
35回セットコースの概要
プログラミング初心者が、「①初心者向けPython25回講座」でプログラミング言語とPythonの基礎を学んだ後に、「②Pythonデータ分析10回講座」で従来型「機械学習」を学び、データサイエンス、データ分析、ビッグデータ解析、株価予想などを学ぶためのセットコースです。終了後に下記「③Python人工知能15回」を追加受講することも可能です。
「②Pythonデータ分析10回講座」では対話型実行環境「Jupyter Notebook」上で従来型データ分析を学びます。内容は下記参照。
作品1
「Pythonデータサイエンスライブラリ」
1)「データサイエンス」のWeb実行環境「Jupyter Notebook」、2)「NumPy」固定長配列、 3)「Pandas」表作成データフレーム、4)SciPy」科学計算、5)matplotlib」グラフ描画、 6)scikit-learn」機械学習の6つの「データサイエンス」ライブラリを学びます。

作品1
「Pythonの機械学習・データ分析法」
「機械学習」では「アヤメ」データをもとに「サポートベクターマシーン・k平均法クラスタリング・主成分分析・単回帰分析・重回帰分析・ランダムフォレスト・ロジスティック回帰分析・グリッドサーチと交差検証・決定木分析・k近傍法」を学びます。また「手書き数字画像」の「教師あり機械学習」と、「2013年の大リーグ全打席19万行93列のCSVデータ」から「ダルビッシュ」「岩隈」の被HR数、三振数などをビッグデータ解析し、グラフ化します。最後に最新の「日経平均株価」から「株価予測」も行います。
Python若葉PythonとTensorFlowで人工知能を学ぼう

Pythonデータ分析+AI人工知能50回セット(1回2時間、計100時間)

受講費用
328,000円(正規料金より1万円割引
受講期間
標準:週4回で3ヶ月(最短:週8回で1.5ヶ月、最長:週2回で6ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
データサイエンティスト、ビッグデータ解析、人工知能
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
│上記講座と同じ内容
③Python人工知能15回講座
│人工知能の基礎、TensorFlow、 MNIST、Cifar10
50回セットコースの概要
プログラミング初心者が「①初心者向けPython25回講座」「②Pythonデータ分析10回講座」でPythonプログラミングと従来型「機械学習」を学んだ後に、AI人工知能技術である「③Python人工知能15回講座」を学び、「人工知能とは何か」を学ぶセットコースです。終了後に下記「Keras転移学習10回」を追加受講することも可能です。
作品1
「③Python人工知能15回講座」では、WindowsのPythonでGoogleが提供する「TensorFlow」人工知能モジュールを使用して、「人工知能の基礎」「多層パーセプトロン」「畳み込みニューラルネットワーク」「MNIST人工知能」「Cifar-10人工知能」「TensorBoard可視化」を学びます。半分ぐらいは「1次関数・2次関数・行列計算・微分(偏微分)・最小二乗法」など学生時代の数学のおさらいになりますが、「そんなのとっくに忘れてしまった」という人でも受講できる丁寧なカリキュラムになっています。最終的にはWeb上の「飛行機」「車」「鳥」「猫」「鹿」「犬」「カエル」「馬」「船」「トラック」の実写画像を人工知能が当てる「Webプログラム」を作成します。

ちなみ「AI・人工知能・深層学習・ディープラーニング」はほぼ同じ意味になります。
《対象:Pythnプログラマーのスペシャリストコース》

データサイエンス75回セット(1回2時間、計150時間)

受講費用
450,000円4.8万円引済:別途ラズパイ代+16GBmSD=7000円
受講期間
月曜〜金曜:週4回(1日1回×4日、1日2回×2日)以上で4.3ヶ月
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
データサイエンティスト、ビッグデータ解析、人工知能
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
│上記講座と同じ内容
③Python人工知能15回講座
│上記講座と同じ内容
④Keras転移学習10回講座
│VGGとInceptionV3による転移学習と画像認識・検出
⑤ブロックチェーン15回講座
│仮想通貨ビットコイン同等のAPI制作、p2p通信
75回セットコースの概要
プログラミング初心者が「①初心者向けPython25回講座」「②Pythonデータ分析10回講座」「③Python人工知能15回講座」でPythonプログラミングと従来型「機械学習」、AI人工知能「深層学習」を学んで「人工知能とは何か」を学んだ後に、「④Keras転移学習」を学んで自分で収集しがJPG画像もとにした「オリジナル人工知能の制作技術」を学びます。最後に仮想通貨ビットコインでおなじみの「⑤ブロックチェーン15回講座」でp2p通信のブロックチェーンAPIを作成します。総合的な「データサイエンティスト」を目指すためのセットコースです。追加で「IoT」も学べます。
作品1
「④Keras転移学習10回講座では、最先端技術の「Kera転移学習」(Fine Tuning)を学びます。③Python人工知能講座では人工知能をフルスクラッチで作る方法を学びましたが、実際に自分で5万枚の訓練データとラベルを用意して人工知能を自作するのは至難の技です。完成したとしても精度は正解率85%程度で世界記録には遠く及びません。そこで世界記録を出した人工知能をGitHubからダウンロードし、賢くなった人工知能の脳細胞を活用して、自分の人工知能に転用する手法が「転移学習」です。ここでは1000データ程度で「95〜99%」の高い精度の人工知能を作成します。使用する高水準モジュールはkeras、OpenCV、SSD_keras物体検出、VGG16・19、InceptionV3などです。
《対象:Pythonの基礎とRaspberr Pi入門講座》

Python-IoT30回セット(1回2時間、計60時間)

受講費用
209,000円1千円引済:別途ラズパイ代+16GBmSD=7000円
受講期間
週2回で3.2ヶ月(最短:週5回で1.2ヶ月、最長:週1回で4ヶ月)
目指す職種
IoT、電子回路、デバイス制御、人工知能
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
②IoT-RaspberryPi5回講座
│Rasbian基礎+コマンド+IoT技術+GPIO制御+人工知能
30回セットコースの概要
作品1
上記「①初心者向けPython25回講座」を受講した後に、インターネットと家電をつなぐIoT技術の中核となる「Raspberry Pi」を学びます。最初に標準OSのRasbianの基礎とLinuxコマンドの基礎を学び、さらに外出先からスマホで自宅内の家電を制御する「IoT」技術の基礎を学び、「GPIO」ポートを使ったセンサーのPyhotn制御を学びます。また人工知能のプログラミング制作は別講座で学びますが、「学習済みモデル人工知能」のインストール方法を学び、「Inception V3」という最新人工知能による画像認証を学びます。
《対象:言語Python若葉初心者向けPython+ブロックチェーン講座》

Pythonブロックチェーン40回セット(1回2時間、計60時間)

受講費用
270,000円(正規料金より4千円割引
受講期間
標準:週2回で5ヶ月(最短:週8回で1ヶ月、最長:週1回で11ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
Pythonプログラマー、ブロックチェーン技術者、仮想通貨技術者
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
②ブロックチェーン15回講座
│仮想通貨ビットコイン同等のAPI制作、p2p通信
40回セットコースの概要
上記「①初心者向けPython25回講座」と下記「②ブロックチェーン入門15回講座」を組み合わせた、「ブロックチェーン技術」の習得を目指した40回分のセットコースです。またコース終了後に「データ分析・人工知能・IoT」を追加受講することも可能です。
作品1
「②ブロックチェーン15回講座」は何度説明を受けてもわかりにくい仮想通貨のBitcoin型「Blockchain」の仕組みを、Pythonで自作することで学んでいく講座です。その過程で、「トランザクションとは何か」「共通鍵暗号化とは何か」「公開鍵暗号化とは何か」「セキュアハッシュ化とは何か」など、「ブロックチェーン」を理解するための多くのキーワードを学んでいきます。最後に「WebSocket」のクライアントとサーバの両機能を併せ持った「p2p型ネットワーク」を構築していきます。またこれらの技術は仮想通貨業界に止まらず、改ざんの効かない仕組みを応用した「サプライ・チェーン・マネージメント(SCM)」物流管理システムや、農産物・珈琲豆等の産地偽装防止などへの応用も期待されています。
《対象:言語Python若葉小学校教諭+塾講師向けScratch講師養成講座》2018年12月新規開講!

Scratch講師養成講座40回セット(1回2時間、計60時間)

受講費用
270,000円4千円引済:別途ラズパイ代+16GBmSD=7000円
受講期間
標準:週2回で5ヶ月(最短:週8回で1ヶ月、最長:週1回で11ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
小学生にプログラミングの楽しさを教える仕事全般・教師・塾講師
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
②Scratchプログラミング10回講座
│小学生言語Scratchの基礎・応用・ゲーム開発
③IoT-RaspberryPi5回講座
│Rasbian基礎+コマンド+IoT技術+GPIO制御+人工知能
40回セットコースの概要
2020年度実施の「小学校プログラミング教育の必修化」に対応した「キッズプログラミング講師養成講座」はすでに多数存在しているようですが、ほとんどが「Scratch+プログラミング教育の意義」を教える内容で、本格的なプログラミング言語のカリキュラムは含まれておりません。しかし教える側の大人にプログラミング経験がないのに、どうやって「Scratch」を通してプログラミングの楽しさを教えるのでしょうか。
このような理由から当スクールでは、大人向けの言語講座とセットにした「Scratch講師養成講座40回セット」を用意しました。最初に「①初心者向けPython25回講座」で「Perl」(手続き型予習言語)、「JavaScript」(オブジェクト指向型予習言語)および「Python」の基礎をしっかり学び、Webアプリ開発・SQLデータベース開発・QTデスクトップアプリ開発という応用技術を習得してから、小学生言語「②Scratchプログラミング10回講座」を学んでいきます。さらに応用技術である「③IoT-RaspberryPi5回講座」を学び、電子工作・デバイス制御や組み込み型人工知能を学びます。この流れの中からビジュアルプログラミング言語のScratchが、実際のプログラミング言語にどう結びつくかを理解していきます。
作品1
【Scratchとは何か】
Scratch (スクラッチ)はアメリカのMITメディアラボが開発した小学生から学べるプログラミング言語です。 兄弟言語のスクイーク(Squeak Etoys)よりも視覚的にわかりやすいプログラミングができます。最新版の「Scratch 2.0」はインストール不要のWeb版で、無料で利用できます。
作品1
【Raspberry Piとは何か】
2013年イギリスはG20の中で初めて義務教育(5-16歳)にプログラミング教育を導入し、現在新教科「Computing」授業が行われています。そのイギリスのラズベリーパイ財団が開発したARMプロセッサ搭載のシングルボードPCがRaspberry Piで、標準でPythonとScratchが搭載されています。
《対象:Pythonの基礎とR言語によるデータ分析入門講座》

Python+Rデータ分析35回セット(1回2時間、計70時間)

受講費用
224,000円(正規料金より2千円割引
受講期間
週2回で4.2ヶ月(最短:週8回で4.2週間、最長:週1回で4ヶ月)
目指す職種
データサイエンティスト、Rデータ分析
このセットに含まれる各講座
│上記講座と同じ内容
②Rデータ分析10回講座
│R言語の基礎+データ分析10回
35回セットコースの概要
作品1
上記「①初心者向けPython25回講座」を受講した後に、
プログラミングの未経験者は上記「初心者向けPython25回講座」を受講してから延長してください。
最初にR言語と同じ仕様の「手続き型」言語Perlとの違いを学んでから、Rのデータ分析を学びます。
学ぶ内容は上記「Pythonデータ分析10回講座」と同じです(サポートベクターマシーン・k平均法クラスタリング・主成分分析・単回帰分析・重回帰分析・ランダムフォレスト・多項ロジスティック回帰分析・グリッドサーチと交差検証・決定木分析・k近傍法・ビッグデータ解析・日経平均株価予測)。

関連情報1:RとPythonのどちらがデータ分析向け?…

古くからの「データサイエンティスト」たちには「R言語」も人気のようですが、一般的には「Python」が浸透しつつあります。理由は「Python」が汎用的なプログラミング言語であるのに対し、「R言語」は統計専用の言語で、応用範囲が狭いからです。例えば一つのプロジェクト内で複数の言語を使用してしまうと、それらを繋ぐインターフェースづくりに苦労することがよくあります。例えば「Python」で画面表示したテキストデータを「R言語」で使うために、いちいちCSVやJSONファイルに書き出して「R言語」で読み込むようなことは、一度だけならまだしも複数回続くと大変わずらわしいです。同一言語で書くことができればこういった問題は一瞬で解決できます。しかし「Python」の「データ分析」機能はあくまでも標準機能ではなく拡張機能です。「データ分析」を行うためにはいちいち必要モジュールを「ダンロード→インストール→インポート」しなければなりません。しかし「R言語」は主な「データ分析」機能が標準のため、最新のライブラリー以外はすぐに使用することができます。また統計学専用の「R言語」の配列添え字は「1」から始まるのに対して、コンピュータ言語である「Python」の配列添え字は「0」から始まり、こういう部分でも「R言語」は統計学・数学寄り、「Python」はコンピュータ寄りと言えます。自分の研究や仕事に生かす場合はどちらか1つを学べばいいわけですが、将来「データサイエンティスト」の就活を目指す場合は、両方学ばれておくことをお勧めします。

関連情報2:Python2.7と3系の違いとは…Rは...

Pythonはバージョン3系がもっとも新しいバージョンだが、現在メインに使われているバージョンは2.7である。Pythonのバージョンアップは下位互換性がなく、バージョン2系で作られたプウログラムはそのままバージョン3系で使えるわけではない。
またPythonは世界中の開発者が作成したモジュールと呼ばれる部品を組み合わせて使用する言語だが、バージョン3系に対応していないバージョンも多い。自分が使おうと思っていたモジュールがバージョン3系に対応していなく「最初からバージョン2系で作り直した」という話はPythonプログラマの間でよく語られる失敗談だ。よってここではPython 2系の最終バージョン2.7を教えて行き、最後にバージョン3系との違いを学ぶ事にする。 また同一バージョンに64bit系と32bit系もあるが、2系3系と同じ理由で64bitに対応していないモジュールもあるので32bitを使用する。
ちなみにRは汎用言語ではなく、「データ分析」以外の目的で使用することがないので、最新バージョンの64bit版を使用します。

家庭教師型のマンツーマン制授業完全自由予約制短期集中の高速受講制度回数オーバー無料制就職バックップシステム卒業後の就職カウンセリングなどが特徴です。
入学金18,000円、25回講座160,000円×講座数で、25回講座を1つずつ延長しながら長いセットコースを学ぶこともできます。また25回や50回単位での分割払いも可能です。
月曜~土曜、10:00~、13:00~、15:30~、18:30~、各2h、授業開始時間直前まで予約可能な完全自由予約制です。

Pythonデータ分析

JavaScript-jQuery

Javaスクール


|PHP-MySQL講座

C言語/C++/C#講座



資料を請求する学校説明の予約