》移動履歴:オモドックTopPython-ITスクール >Pythonスクール
完全自由予約制・マンツーマン制

データ分析Python スクール

Pythonデータ分析+人工知能コース

[使用OS:Windows7]

pythonスクール教室
Pythonデータ分析+人工知能スクールは、Python言語のプログラミングと「Pythonデータ分析」「深層学習(ディープラーニング)・人工知能」を学ぶスクールです。
初心者でPythonのみを学びたい方には、2つの予習言語練習を学ぶ初心者向けPython25回講座を用意しました。
またPythonの練習+「データ分析」を学びたい方にはPythonデータ分析35回コースをお勧めしています。
さらに人工知能も含めて学びたい方には、Pythonデータ分析+人工知能50回コースをお勧めしています。
またRデータ分析も学びたい方は延長用Rデータ分析10回講座を延長できます。

《対象:言語Python若葉初心者向けPythonのみを学ぶ講座》

初心者向けPython25回講座(1回2時間、計50時間)

受講費用
178,000円(入学金+授業料+教材費すべて含む)
受講期間
標準:週2回で3ヶ月(最短:週8回で3週間、最長:週1回で6ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
Pythonプログラマー、SEプログラマー
講座の内容
Perl7回、JavaScript3回、Python基礎+応用15回
作品1

飾り1講座の概要
Pythonは「手続き型」と「オブジェクト指向型」のハイブリッド言語です。1つ目の予習言語Perlで「手続き型の基礎用語」を学び、次に2つ目の予習言語JavaScriptで「オブジェクト指向型の基礎用語」を学んでから「Python」に進みます。「Pythonの基礎」では最初に「リファレンス(文法)練習」を行ってから長文の「MVCアプリ開発」「デスクトップアプリ開発」へと進み、Pythonプログラマーとしての総合力・応用力を身につけます。また卒業と同時に下記「②Pythonデータ分析10回」を追加受講することも可能です。

《対象:言語Python若葉初心者向けPython+データサイエンス講座》

Pythonデータ分析35回コース(1回2時間、計70時間)

受講費用
238,000円(正規料金より4千円割引
受講期間
標準:週2回で4ヶ月(最短:週8回で1ヶ月、最長:週1回で9ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
データサイエンティスト、データマイニング、ビッグデータ解析
受講する講座と内容
│Perl7回、JavaScript3回、Python15回
│Python10回(NumPy,Pandas,Scikit-learn)
作品1
飾り1コースの概要
プログラム未経験から「データサイエンティスト」を目指すためのコースです。最初に上記「①初心者向けPython25回講座」で、2つの予習言語練習を含めてしっかりとPythonプログラミングの基礎を学びます。「データーサイエンティスト」は「スーパーPythonプログラマーの仕事」。Pythonプログラマーにならずしてデータサイエンティストにはなれないので、まずは全般的なPythonプログラマーを目指して頑張って下さい。

飾り1Pythonデータ分析10回講座
次の「②Pythonデータ分析10回講座」では対話型実行環境「JupyterNotebook」上で従来型データ分析を学びます。内容は下記参照。
作品1
「Pythonデータサイエンスライブラリ」
1)「データサイエンス」のWeb実行環境「Jupyter Notebook」、2)「NumPy」固定長配列、 3)「Pandas」表作成データフレーム、4)SciPy」科学計算、5)matplotlib」グラフ描画、 6)scikit-learn」機械学習の6つの「データサイエンス」ライブラリを学びます。

作品1
「Pythonの機械学習・データ分析法」
「機械学習」では「アヤメ」データをもとに「サポートベクターマシーン・k平均法クラスタリング・主成分分析・単回帰分析・重回帰分析・ランダムフォレスト・ロジスティック回帰分析・グリッドサーチと交差検証・決定木分析・k近傍法」を学びます。また「手書き数字画像」の「教師あり機械学習」と、「2013年の大リーグ全打席19万行93列のCSVデータ」から「ダルビッシュ」「岩隈」の被HR数、三振数などをビッグデータ解析し、グラフ化します。最後に最新の「日経平均株価」から「株価予測」も行います。また「②Pythonデータ分析10回講座」を「②Rデータ分析10回講座」に変更したり、終了後に下記「③Python深層学習15回」を追加受講することも可能です。
Python若葉PythonとTensorFlowで人工知能を学ぼう

Pythonデータ分析+人工知能50回コース(1回2時間、計100時間)

受講費用
328,000円(正規料金より1万円割引
受講期間
標準:週4回で3ヶ月(最短:週8回で1.5ヶ月、最長:週2回で6ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
データサイエンティスト、ビッグデータ解析、人工知能
受講する講座と内容
│Perl7回、JavaScript3回、Python15回
│NumPy、Pandas、Scikit-learn、matplotlib
③Python深層学習15回講座
│人工知能の基礎、TensorFlow、 MNIST、Cifar10

飾り1コースの概要
プログラム未経験から「Pythonの基礎」「Pythonデータ分析」「深層学習(ディープラーニング)」を学ぶコースです。前半35回分は、上記「Pythonデータ分析35回コース」と同じです(詳細は上記参照)。Googleが提供する無料の人工知能モジュール「TensorFlow」は「画像認証」「画像検出」「自動運転」「自然言語処理」「最高度のデータ分析」など様々な可能性を秘めています。最終的にはその基礎となる「畳み込みニューラルネットワーク」を学んでいきます。

作品1
飾り1Python深層学習15回講座
「③Python深層学習15回講座」では、WindowsのPythonでGoogleが提供する「TensorFlow」深層学習モジュールを使用して、「人工知能の基礎」「多層パーセプトロン」「畳み込みニューラルネットワーク」「MNIST深層学習」「Cifar-10深層学習」「TensorBoard可視化」を学びます。半分ぐらいは「1次関数・2次関数・行列計算・微分(偏微分)・最小二乗法」など学生時代の数学のおさらいになりますが、「そんなのとっくに忘れてしまった」という人でも受講できる丁寧なカリキュラムになっています。最終的にはWeb上の「飛行機」「車」「鳥」「猫」「鹿」「犬」「カエル」「馬」「船」「トラック」の実写画像を人工知能が当てる「Webプログラム」を作成します。

《対象:上記講座修了者向けのR言語とデータ分析入門講座》

延長用Rデータ分析10回講座(1回2時間、計20時間)

受講費用
64,000円(授業料+教材費すべて含む)
受講期間
週2回で1.2ヶ月(最短:週8回で1.2週間、最長:週1回で2.2ヶ月)
基本操作
PCの無料基本操作レッスン付き(初心者5h、中級者0.5h)
目指す職種
データサイエンティスト、Rデータ分析
講座の内容
R言語の基礎+データ分析10回
作品1
飾り1講座の概要
プログラミングの未経験者は上記「初心者向けPython25回講座」を受講してから延長してください。
最初にR言語と同じ仕様の「手続き型」言語Perlとの違いを学んでから、Rのデータ分析を学びます。
学ぶ内容は上記「Pythonデータ分析10回講座」と同じです(サポートベクターマシーン・k平均法クラスタリング・主成分分析・単回帰分析・重回帰分析・ランダムフォレスト・多項ロジスティック回帰分析・グリッドサーチと交差検証・決定木分析・k近傍法・ビッグデータ解析・日経平均株価予測)。

関連情報1:RとPythonのどちらがデータ分析向け?…

古くからの「データサイエンティスト」たちには「R言語」も人気のようですが、一般的には「Python」が浸透しつつあります。理由は「Python」が汎用的なプログラミング言語であるのに対し、「R言語」は統計専用の言語で、応用範囲が狭いからです。例えば一つのプロジェクト内で複数の言語を使用してしまうと、それらを繋ぐインターフェースづくりに苦労することがよくあります。例えば「Python」で画面表示したテキストデータを「R言語」で使うために、いちいちCSVやJSONファイルに書き出して「R言語」で読み込むようなことは、一度だけならまだしも複数回続くと大変わずらわしいです。同一言語で書くことができればこういった問題は一瞬で解決できます。しかし「Python」の「データ分析」機能はあくまでも標準機能ではなく拡張機能です。「データ分析」を行うためにはいちいち必要モジュールを「ダンロード→インストール→インポート」しなければなりません。しかし「R言語」は主な「データ分析」機能が標準のため、最新のライブラリー以外はすぐに使用することができます。また統計学専用の「R言語」の配列添え字は「1」から始まるのに対して、コンピュータ言語である「Python」の配列添え字は「0」から始まり、こういう部分でも「R言語」は統計学・数学寄り、「Python」はコンピュータ寄りと言えます。自分の研究や仕事に生かす場合はどちらか1つを学べばいいわけですが、将来「データサイエンティスト」の就活を目指す場合は、両方学ばれておくことをお勧めします。

関連情報2:Python2.7と3系の違いとは…Rは...

Pythonはバージョン3系がもっとも新しいバージョンだが、現在メインに使われているバージョンは2.7である。Pythonのバージョンアップは下位互換性がなく、バージョン2系で作られたプウログラムはそのままバージョン3系で使えるわけではない。
またPythonは世界中の開発者が作成したモジュールと呼ばれる部品を組み合わせて使用する言語だが、バージョン3系に対応していないバージョンも多い。自分が使おうと思っていたモジュールがバージョン3系に対応していなく「最初からバージョン2系で作り直した」という話はPythonプログラマの間でよく語られる失敗談だ。よってここではPython 2系の最終バージョン2.7を教えて行き、最後にバージョン3系との違いを学ぶ事にする。 また同一バージョンに64bit系と32bit系もあるが、2系3系と同じ理由で64bitに対応していないモジュールもあるので32bitを使用する。
ちなみにRは汎用言語ではなく、「データ分析」以外の目的で使用することがないので、最新バージョンの64bit版を使用します。

家庭教師型のマンツーマン制授業完全自由予約制短期集中の高速受講制度回数オーバー無料制就職バックップシステム卒業後の就職カウンセリングなどが特徴です。
入学金18,000円、25回講座160,000円×講座数で、25回講座を1つずつ延長しながら長いコースを学ぶこともできます。また25回や50回単位での分割払いも可能です。
月曜~土曜、10:00~、13:00~、15:30~、18:30~、各2h、授業開始時間直前まで予約可能な完全自由予約制です。

Pythonデータ分析

JavaScript-jQuery

Javaスクール


|PHP-MySQL講座

PHPフレームワーク講座



資料を請求する学校説明の予約